更新履歴
多くの薬

カルバマゼピンを主成分とするテグレトール。
脳内の神経が引き起こす興奮作用を鎮める効果があることから、てんかん発作の予防薬、あるいは三叉神経痛や双極性障害の治療薬として幅広く用いられています。
このテグレトールはすでに発売から40年以上を経過しており、このことからもテグレトールに対する信頼の高さと優れた効能をうかがい知ることができるでしょう。

ただ優れた効能を発揮するテグレトールですが、鎮痛剤などのように即効性があるわけではありません。
血中に含まれる薬の濃度が一定レベルにまで達していることによって効果が発揮されますが、一度に大量の薬を服用することはできないので、ゆっくりと時間をかけて薬を服用し続けなければいけないのです。
効果が現れ始めるのは少なくとも1週間以上経過してからとされており、その間は忘れることなくテグレトールを服用し続ける必要があります。

またこのテグレトールは、治療する病気の種類によって用量が異なります。
1日あたりの最大服用量も決められていますので、飲み忘れたからといって1度に2回分の薬を服用するようなことは絶対に避けましょう。
さらに他の薬と同様に副作用も報告されており、強い眠気や脱力感、頭痛などを感じる場合があります。
もちろん既往症がある人は服用している薬と併用することによって思わぬ影響がでることが考えられますので、テグレトールを服用する場合は必ず医師に相談しなければいけません。

もし強い副作用を感じた時はすぐに服用を中止し、医療機関を受診しましょう。
最近はこのテグレトールも薬の通販サイトなどで簡単に購入できます。
ただし上記に記したような副作用のこともありますので、まずは医師に相談してみることが大切になります。

記事一覧
薬のスプーン

テグレトールは抗てんかん薬として発作を抑えたり三叉神経痛を抑えたり興奮を鎮める等の効果に優れています...

多色な薬

テグレトールは、てんかん、特に部分発作の予防や、躁うつ病における躁状態、三叉神経痛などの治療のために...